COMPANY

社長メッセージ

ごあいさつ

代表取締役 関川 宏

建物のビルディング設備に計装の概念が取り入れられたのは、1950年代(昭和25年)以降の事です。その後、建物には空調設備(計装)の自動制御化が導入され、高度成長期、バブル期の建物には空調設備(計装)の自動制御は無くてはならない設備となりました。

三田エンジニアリング株式会社は、その時期の1973年(昭和48年)に設立し、ビル・オートメーション事業で建物全体を管理する中央監視システムと建物内の快適環境を作り出す為の空調、熱源、照明に関する制御技術、通信技術を培って、業界に存在感の有る企業を目指してもうすぐ半世紀を迎えようとしております。

近年のビル空調業界は高度情報化社会が進むにつれ、従来の自動制御、計測のみならず通信技術を用いて建物全体を集中監視で管理、さらに安全性、省エネルギー化、省力化、省資源化等の高品質な快適環境のニーズが高まってきました。加えて首都圏においては2020年東京オリンピック・パラリンピック開催が追い風となり、活気を帯びる事は間違いなく、快適環境の必要性も高まる事が予想されます。

2016年1月SOL部門を新設し、弊社3事業(コントロール(計装)、コミュニケーション(照明)、ソリューション(元請/提案))を主事業としお客様のニーズに応えられるようなサービス向上に努めます。当社の経営理念の1つでもあります「変化する時代に対応するため、常に改善、改革、投資を実行し、誠実かつ良心的なサービスを取引先、お客様に提供し、信頼され存在感のある100年企業を目指します」を胸に刻み、社員一同お客様にご満足いただけるように取り組んで参りますので、皆様のさらなるご指導、ご支援を賜りますよう宜しくお願いいたします。

代表取締役
関川 宏

PAGETOP
Copyright © Mita Engineering Co.,Ltd. All Rights Reserved.